SALVATORE FOREXロゴ

FXサイト向けコンテンツ管理システム。

エントリー

データ実行防止機能を確認

WindowsvistaやWindows 7では、Windows xP以前よりもセキュリティが強化されているため、MT4を起動しようとしても正常に動作しないことがある。その際はWindowsのデータ実行防止機能(DEP)の設定を確認しよう。 デスクトップの「スタート」ボタンをクリックし、「コンピューター」を右クリック、「プロパティ」を選択する。続いて、「システムの詳細設定」をクリックすると開く「システムのプロパティ」画面で、「詳細設定」タブの「パフォーマンス」にある「設定」をクリック。続く画面で「データ実行防止」タブをクリックし、ふたつのボタンのうち「重要なWindowsのPlugrumおよびサービスについてのみ有効にする」を選択し「OK」をクリックする。この設定になっていないと、MT4が作動しないので、チェックしてみる。設定を変更した場合はPCの再起動が必要になる。

Windows 7. 「システムの詳細設定」→「詳細設定」→パフォーマンスの「設定」とクリックする。ログインできているなら、オプションの「サーパー」を確認取引口座へのログイン時に、「ログイン情報を保存」にチェックを入れておけば、以後MT4の起動時に自動で口座にログインする。しかし、ログインするためのログインIDやパスワードを改めて確認したい場合もあるだろう。ログインIDやパスワードを確認したい場合は、メニューバーの「ツール」→「オプション」をクリメニューバーの「ツール」→「オプション」をクリックする。クリックする。開いたウィンドウの「サーバー」タブをクリックすると、現在ログインしているログインIDやパスワードの記載画面が開く。ここで、ログインIDについては確認することが出来ます。しかし、パスワードについては●の表示になっているので、これだけではわからない。その場合は、FXブローカーに問い合わせることになるが多くの場合、郵送での対応になるので、時間がかかる。デモロ座なら作りなおす。「サーバー」タブにはログインIDやパスワードが記載されている。

ページ移動

トラックバック

承認待ち

このトラックバックは管理者の承認待ちです。

  • 2019/07/10 20:03:47

トラックバックURL

http://www.salvatore.biz/search/index.php/trackback/65

コメント

コメント登録

ユーティリティ

2019年07月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

リンク

ユーザー

新着画像

税務事例
投資経済 BackNumbers
エコノミスト為替 BackNumbers
親愛なる関係団体 WallStreet 2.0 Evolution
業者が提供するVPSを使ってサーバー上でMT4を勣かす

新着エントリー

税務事例
2019/07/14 15:10
投資経済 BackNumbers
2019/07/13 16:47
エコノミスト為替 BackNumbers
2019/07/12 14:58
親愛なる関係団体 WallStreet 2.0 Evolution
2019/07/06 18:09
Plugrumを1度だけ動作させるScript
2019/06/25 22:15

新着トラックバック

Re:移動平均線がクロスしたときにアラードを鴫らす
2019/07/16 from 承認待ち
Re:両方のレートを表示するIndicator
2019/07/16 from 承認待ち
Re:Build418では本体にパグがあった
2019/07/10 from 承認待ち
Re:データ実行防止機能を確認
2019/07/10 from 承認待ち
Re:正しいIDやパスワードを入力しているにも関わらずMetaTradeにログインできない場合
2019/07/10 from 承認待ち

過去ログ

Feed

SALVATORE FOREXサイトポリシー
2019/06/09 13:04
Forexキーワード
2019/06/09 09:21
サイトポリシーブログ記事
2019/06/09 09:17
SALVATORE FOREXトップページQR
ページのトップへ戻る