Information

現在の日本での外国為替証拠金取引FXおいてはレバレッジ25倍までお取引が可能ですが、レバレッジの高い取引を行う場合、相場変動によっては、差し入れている証拠金以上の損失が発生してしまう可能性があります。そのため、FXでは、レバレッジが25倍を超えたら自動的に反対売買を行うロスカットが主流になっています。ビギナーの方は始めは小額投資ではじめて少しずつ慣れてきたら大きなロットで行うのが良いと思います。

また、外国為替証拠金取引(FX)は元本保証の金融商品ではありません。為替変動、金利変動等により、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。当初証拠金必要額は、個人の場合取引金額の4%以上、法人の場合取引金額の2%以上です。 ユーザーの口座において一括して実行された建玉の決済の総額が、主要通貨ペアにおいて1億米ドル相当以上となった場合、あるいはその他の通貨ペアにおいて3千万米ドル相当以上となった場合は、実行レートに1.0 PIP相当の手数料が発生する場合があります。取引レート及びスワップポイントには売値と買値の提示価格に差(スプレッド)が生じます。各通貨の金利変動により、スワップポイントが受取りから支払い等に転じることがあります。

など覚えてゆく事がかなりあり最初のうちは大変だと思いますが当ホームページではFXにおいて有益と思われる情報提供を行っていますが当ホームページSALVATORE FOREXの情報によって生じたいかなる損害にもSALVATORE FOREXは責任を負わないものとします。投資のご判断はあくまでも自己責任でお願いします。取引開始にあたっては各FXブローカーの契約締結書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

SALVATORE FOREX英語バージョン

外国為替証拠金取引(FX取引)や自動売買は、元本の保証された取引ではありません

価格変動リスク

価格変動リスクとは投資対象の価格が上下し、投資した金融商品の価格が変動することにより、当初期待していた リターンが得られなくなる可能性のことをいいます。外国為替市場は各国の経済環境、社会情勢、金利動向等により24時間常に変動しており、値幅制限もなく短期間で大きく変動する場合もあり、変動によっては損失を被るリスクがあります。また、その損失はユーザーが当社に預託された額を超える可能性もあります。当ホームページSALVATORE FOREXの情報によって生じたいかなる損害にもSALVATORE FOREXは責任を負わないものとします。

レバレッジ効果によるリスク

まず自分の予想に反して為替レートが動いた場合は損失が出ます。FXは証拠金という担保を預けることにより、レバレッジをかけて為替変動により差益を狙う取引です。各FXブローカーは外国為替証拠金取引であり、総取引金額より小額な証拠金で取引ができレバレッジ効果によって大きな利益を得る機会があるとともに、逆に大きな損失を被る可能性もあります。当ホームページSALVATORE FOREXの情報によって生じたいかなる損害にもSALVATORE FOREXは責任を負わないものとします。

スワップポイントによるリスク

FXで利益を得る方法として為替差益によるものと、スワップポイント(金利差益)による ものがあります。各FXブローカーではスワップポイントは高金利通貨を買建てした場合は受け取りとなりますが、高金利通貨を売建てした場合は逆に支払いとなります。それにともない新たな資金が必要になったり、自動決済(自動ロスカット)の水準が近くなる可能性があります。当ホームページSALVATORE FOREXの情報によって生じたいかなる損害にもSALVATORE FOREXは責任を負わないものとします。

自動決済(自動ロスカット)のリスク

ロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる強制決済のことをいいます。FXでは一定の間隔で行われる時価評価による純資産額が、取引証拠金の20パーセント以下の状態で値洗いが更新された場合、未決済ポジションの全てが処分され、相場状況等によっては執行される価格が計算上の自動決済の水準から大きくかい離することがあり、ユーザーがFXブローカーに預託された額を超える損失となる可能性もあります。

損失限定注文(逆指値注文)のリスク

FXでは値幅制限がないことから、逆指値注文は為替レートが一方向に急激に変動した場合や逆指値注文が週を越えて成立する場合、指示した価格から大きくかい離して約定することがあり、必ずしも損失を想定した額に留められるとは限りません。

流動性リスク

外国為替市場では、通常高い流動性を示していますが、主要国の祝日や、ニューヨーク市場の終了間際、週始めの取引開始時等マーケットの状況次第ではレートの提示が困難になる場合もあります。その場合、ユーザーからのご注文を成立させることが出来なくなる可能性があります。また、天変地異、戦争、テロ、政変、革命、各国政府による外国為替市場の管理政策の変更および規制等により、ユーザーのお取引が困難になる可能性もあります。

OTC(相対取引)のリスク

FXはユーザーと各FXブローカーとのOTC(相対取引)であり、各FXブローカーの信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、各FXブローカーが提示する為替レートは他の情報(テレビやインターネット等)とは同一ではなく、不利な価格で成立する可能性もあります。

カバー取引のリスク

FXではカバー取引のため、ユーザーからのご注文は、すべて外国為替取引業者(ブローカー)にカバーされており、カバー先の信用状況によっては損失を被る危険性があります。また、何らかの事情によりすべてのカバー先にカバー出来ない状況になった場合、ユーザーのお取引が困難になる可能性もあります。

電子取引システムのリスク

電子取引システムを利用した場合、ユーザーおよび各FXブローカーの通信機器(サーバー等)故障、通信回線の障害、情報配信の障害、あるいは電子取引システムそのものの障害等により、一時的または一定期間、ユーザーのお取引が不可能になる場合があります。また、お取引は出来ても配信されるレート、情報が誤配および遅配により、実勢とはかけ離れたレートでの約定、および約定されたものが取消される可能性もあります。電子取引システムそのものの障害の場合は電話取引のユーザーも同様のリスクを負う場合があります。

個人情報に関するリスク

各FXブローカーより発行された、口座番号、パスワード等の個人情報が、窃盗、盗聴等により第三者に漏れた場合、その第三者が悪用することによってユーザーに損失が発生する可能性があります。(ユーザー以外の方に漏れないように十分なご注意が必要です)

税制、関連法規の変更によるリスク

外国為替証拠金取引に係る税制および関連法規の変更等により、現状より不利な条件での取引となる可能性があります。

証拠金、手数料、スワップ金利の変更によるリスク

証拠金、手数料、スワップ金利は為替相場の状況、各国の金利動向等により、変更される場合があり、それにともない新たな資金が必要になったり、自動決済(自動ロスカット)の水準が近くなったりする可能性があります。当ホームページSALVATORE FOREXの情報によって生じたいかなる損害にもSALVATORE FOREXは責任を負わないものとします。

以上の事をよくご理解していただき取引開始にあたっては各FXブローカーの契約締結書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身のご判断と責任にてお願い致します。

SALVATORE FOREX

SALVATORE FOREX

SALVATORE FOREXサイトマップ

SALVATORE FOREXサイトマップ

SALVATORE FOREX RSS

SALVATORE FOREX RSS

SALVATORE FOREX XML

SALVATORE FOREX XML

SALVATORE FOREX