北朝鮮ミサイル3発 奥尻島沖200キロに落下

 防衛省は5日、北朝鮮が同日午後0時13分ごろに同国西岸の黄州(ファンジュ)付近から東北東方向の日本海に向け弾道ミサイル3発を発射したもようだと発表した。いずれも約1千キロメートル飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)内に当たる北海道奥尻島の西200~250キロメートルの海域に落下したと推定される。

国連安保理、6日緊急会合開催へ 北朝鮮の弾道ミサイル発射受け[5日 ロイター] – 国連安全保障理事会は、北朝鮮が弾道ミサイル3発を発射したことを受け、6日朝に緊急会合を開催する見通し。日米が開催を要請した。外交筋が5日、明らかにした。

この投稿へのコメント

  1. salvatore forex

    北朝鮮ミサイル3発 奥尻島沖200キロに落下

コメントを入力するためにはログインが必要です。

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL