日銀と民間銀行の信用創造

バブル景気真っ盛りの1988年には、日銀株は75万5000円で取引されていました。今の株価は35,000円です。

英フィナンシャル・タイムズが「日本撤退」を投資家に勧める理由

http://www.mag2.com/p/money/18802

信用創造、もしあなたがこのまま銀行に対し、支払いを続け、奴隷のままでいるなら、銀行家達はお金を創造し続け、クレジットを支配し続けます。ジョシア・スタンプ卿 (イングランド銀行総裁(1928~1941)当時イギリスで2番目の財産家)

http://trivialnews.net/moneyasdebt/

「政府紙幣の発行を提言したい、緩やかに政府紙幣を市場に出せばハイパーインフレを引き起こすことはないし、国債では債務を借り替える必要があるが、政府紙幣ならそうする必要がないという利点がある。また会計上政府の債務の一部として計上されることはないし、国家としての格付けも下がらない」ジョセフ・E・スティグリッツ(ノーベル経済学賞受賞者)

(日本政府の財務大臣の諮問機関である関税・外国為替等審議会の専門部会での発言)

政府は、消費者の購買力と、政府の消費力を満足させる為に、必要とされるすべての通貨やクレジットを、創造・発行・そして流通させるべきであります。

これらの法則の採用によって、納税者は膨大な金利の支払いから救われるでしょう。

通貨の創造・発行の特権は、唯一政府の至高の特典であるだけではなく、政府による最も偉大な有意義な機会なのです。

―アブラハム・リンカーン 暗殺された元アメリカ大統領

通貨の発行と管理を私に任せてくれそうすれば誰が法律をつくろうとも私の知った事ではない。マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(銀行家)

*ロスチャイルド家の初代当主マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは以下のように言っています。「私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ。そうすれば誰が法律を作ろうとそんなことはどうでも良い」今やFRBやECB(欧州中央銀行)や日銀など世界各国の中央銀行を支配しているロスチャイルド国際金融資本は、常に「中央銀行」を政府から独立した機関になるように圧力をかけているのです。そして、それら公共銀行を装った民間銀行の大株主になっています。

http://trivialnews.net/moneyasdebt/

民間銀行の「金貸し」行為は他人の資金をもとに利子をつけて他人に「お金」を貸す行為であり、今では合法化されていますが元をたどれば立派な「詐欺行為」だったのです。*すなわち国民経済は「借金経済システム」を義務付けられている。*「人が預けた「金」を預けた人に内緒で他人に貸し付け利子をとる」という行為は、本来「詐欺行為」であり犯罪である。

http://ameblo.jp/harenkenchi/entry-11499723731.html

民間銀行の「信用創造」のしくみがいまいちわかりにくいのですが、民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決するのです!

【経済学者は教えない】信用創造って??合法的な詐欺集団に騙されなくするには・・・

https://www.facebook.com/notes/%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%97-%E3%81%BE%E3%81%93%E3%81%A8/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%81%AF%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BF%A1%E7%94%A8%E5%89%B5%E9%80%A0%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%90%88%E6%B3%95%E7%9A%84%E3%81%AA%E8%A9%90%E6%AC%BA%E9%9B%86%E5%9B%A3%E3%81%AB%E9%A8%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AB%E3%81%AF/10202426948534936/

管理通貨制度

それでは「金本位制」が終わった現代ではどうなっているんでしょうか??

それは「管理通貨制度」と呼ばれる制度になっています。

管理通貨制度とは、

政府や中央銀行などの通貨当局が、通貨供給量(マネーサプライ)を決定して、発行・管理・調整を自由にできることにした制度です。

この制度で、各国は金(きん)の保有量に関係なく通貨を発行できるようになったんです。

発行通貨>保有する金(きん)

1971年ニクソン大統領によるドルと金(きん)の兌換停止を宣言した「ニクソンショック」のよって、完全に「金本位制」は終わりとなるんです。

ですが、重大な問題があるんです。

その問題とは、何を根拠にその通貨を発行するのか??

金本位制であったならば、通貨の裏付けとして同じ量の金(きん)が後ろ盾としてあったわけですが、

管理通貨制度の下では何の後ろ盾もありません。

その通貨の存在する根拠となるものが見当たらないんです。

強いて言える事は、「信用」のみです。

発行する国が法律によって「この通貨には価値がありますよ」と保証しているだけ。

国が強制的に「信用」させて、通貨としての通用力を持たせているだけなんです。

もし、この「信用」がなくなればただの紙切れなだけなんです。

通貨を発行する根拠の「国家に対する信用」は毎日上がったり下がったりしていますね。

ムーディーズなどの信用格付会社の情報により、国債のランクが決定されたりしています。

この国債ランクが、通貨を発行している国が国際上どれだけ「信用」されているかという目安になっているんです。

もし、あなたが持っている1万円札が国際上の信用を失ったならば、ただの紙切れ(ティッシュ)となってしまうんです。

いくらあなたが1万円の価値があると「信用」しても国際上紙切れの価値しかないとなってしまうんです。

これがいわゆる現在の通貨を「信用通貨」や「法貨」と呼ぶ理由です。

日本銀行券の原価は

千円札が15円

五千円札が20円

一万円札が22円で、額面に対してもの凄く安いんです。

https://www.facebook.com/notes/%E3%81%AF%E3%82%84%E3%81%97-%E3%81%BE%E3%81%93%E3%81%A8/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%81%AF%E6%95%99%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BF%A1%E7%94%A8%E5%89%B5%E9%80%A0%E3%81%A3%E3%81%A6%E5%90%88%E6%B3%95%E7%9A%84%E3%81%AA%E8%A9%90%E6%AC%BA%E9%9B%86%E5%9B%A3%E3%81%AB%E9%A8%99%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AB%E3%81%AF/10202426948534936/

まあ、紙だから当然といえば当然なんですが、平均して20円程度の原価なんです。日本銀行の通貨発行権としての仕事は、財務省印刷局で印刷された紙幣を1枚20円で仕入れて、それを千円、五千円、一万円紙幣として政府や街の銀行に貸し出しているんです。これはビジネスとしたら、ありえない利益率です。

12(1407) :

医薬経済2008年2月15日発売号

  • SALVATORE FOREX 医薬経済2008年2月15日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 医学・看護学・薬学

    深く取材し独自の切り口で迫る医薬ビジネス誌**【特 集】********************■診療報酬■茶番だった「再診料下げ」見送り-ほくそ笑む日医・竹嶋会長代行-■企業■「予防」への転換が後押しする先発参入-【後発品市場シェア30%時代】その・-■企業■「偏食体質」アムジェンが露呈した脆さ-スペシャリティ・メガファーマの日本撤退が示唆すること-■新薬■期待は抗体医薬、ワクチンに-アリセプトの独壇場、アルツハイマー病薬の変化-■薬局■思惑絡み潰えた「機能評価」-税医療・医薬品を取り巻く錯綜した状況に対し、明確なオピニオンを打ち出すと共に、オリジナリティーに溢れた記事、掘り下げた”調査報道”を読者に提供、好評を博している。

23(97) :

サイゾー2013年4月21日発売号

  • SALVATORE FOREX サイゾー2013年4月21日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 文芸・総合

    エンタテインメント&ビジネスは【サイゾー】1冊でチェキ!【第1特集】生きる会社、死ぬ会社「第一章」娯楽AKB48にももクロまで! アイドルビジネス最前線シリコンバレーを支える海外セレブの投資マネー角川書店×ブシロード オタ社長対談!「第二章」社会ネット広告台頭で業界を牛耳る電通・博報堂アイドルから映画までを掌握するパチンコマネーバーバリーは日本撤退?「ハイブランドの裏側」座談会「第三章」権力イケイケ経産省が”生かす”トヨタ、”殺す”シャープ宗教法人の投資とM&A、その最新事情ほか【情報過多と言われて久しい昨今は、世の仕組みがますます複雑化して、わかりにくくなっています。そんな中、その名を忍者の霧隠才蔵からとっている「サイゾー」では、デジタルな時代を賢く生きるために、多くの閉ざされた情報について、ビジネス/エンタテインメントを問わず、

8(1878) :

サイゾー2013年4月18日発売号

  • SALVATORE FOREX サイゾー2013年4月18日発売号

    本、コミック » 雑誌 » 文芸・総合

    「視点を変えよう。 視点をリニューアルする情報誌」【第1特集】生きる会社、死ぬ会社「第一章」娯楽AKB48にももクロまで! アイドルビジネス最前線シリコンバレーを支える海外セレブの投資マネー角川書店×ブシロード オタ社長対談!「第二章」社会ネット広告台頭で業界を牛耳る電通・博報堂アイドルから映画までを掌握するパチンコマネーバーバリーは日本撤退?「ハイブランドの裏側」座談会「第三章」権力イケイケ経産省が”生かす”トヨタ、”殺す”シャープ宗教法人の投資とM&A、その最新事情ほか【マスメディアが大衆向けに画一的な情報を流す一方で、多チャンネル化が進むテレビ、細分化される雑誌、誰もが発信者となれるインターネットからは多種多様な情報で溢れています。「サイゾー」は巷にあふれる情報を独自の切り口で検証し、読み応えある記事としてお届けする雑誌

この投稿へのコメント

  1. salvatore forex

    日銀と民間銀行の信用創造

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optionally add an image (JPEG only)

トラックバック・ピンバック

  1. […] 日銀と民間銀行の信用創造 2016年8月17日バブル景気真っ盛りの1988年には、日銀株は75万5000円で取引されていました。今の株価は35,000円です […] salvatore forex […]

トラックバック URL